なんとかしたい!ニキビ跡におすすめの人気美容液ランキング

気を付けているつもりであっても、「気づけばニキビができている…」ということも少なくありません。

ニキビが治ったとしても安心することができず、ニキビ跡がニキビ以上の悩みの元となるでしょう。

ニキビ跡といえばクレータータイプのものやシミタイプのものなどがありますが、それらいずれもとても目立ち、美しい肌作りの妨げになってしまいます。

なんとかしたいと思っているニキビ跡対策におすすめの美容液が多数販売されています。

代表的なものをここで紹介するので、ニキビ跡にアプローチできる商品を探している人は参考にしてみてください。

おすすめ美容液ベスト3

ベルブラン

ベルブランはニキビ跡にアプローチできる医薬部外品で、日本で作られた安心して使えるクリームです。

ニキビ跡といっても種類は様々ですが、クレータータイプやピンクや赤、茶色系などのニキビジミにも対応しています。

配合されている成分のおかげでメラニンの生成を抑制し、美肌ケアを実現させています。

肌に潤いも与え、ハリのある美しい肌を作り上げてくれるでしょう。

紫外線吸収剤や合成香料、鉱物油などの合計7種類の添加物を使用しておらず、例え敏感肌の人であっても使いやすいといえます。

口コミ評価もよく、使い続けているとニキビ跡が気になりにくくなった、という書き込みも見られます。

ベルブランの効果と口コミをチェックする

ビーグレンCセラム

ビーグレンCセラムはビーグレンシリーズの中でも特に人気がある商品で、スキンケアの際に使用しやすいです。

肌につけることで独特の温感が現れ、効果だけでなく使い心地も優れています。

ニキビにも悪影響を与える皮脂のバランスも整えることが可能で、肌の内側からきちんとアプローチしてくれるでしょう。

配合されているピュアビタミンCは、「毛穴を目立ちにくくする」「必死バランスを整える」「明るい肌にする」「ハリをプラスする」「きめが細かくなる」といった

効果を生み出しくれます。

他にはない浸透技術の採用によって吸収力を高め、効果を実感しやすくなっています。

Cセラム以外にも様々な種類のスキンケア化粧品の開発を行っているからこその強みがあります。

ビーグレンCセラムの効果と口コミをチェックする

アスタリフトエッセンスデスティニー

アスタリフトエッセンスデスティニーは多数のうるおい成分を含んでいて、例えばアスタキサンチンやナノレスベラトロールEXも魅力です。

美容成分を凝縮させているので品質も素晴らしく、美肌に導くための成分も豊富に含んでいます。

浸透性も自慢で、角質までしっかりと成分を運んでくれる点も特徴になります。

乾燥肌や年齢肌で悩んでいる人にも向いています。

ニキビの種類別の原因と対策

ニキビといってもその種類は非常に多く、それぞれ違った特徴を有しています。

原因やその対策方法はそれぞれ違いますし、多くの場合ニキビは色によって分類されます。

その他にも思春期ニキビと大人ニキビに分けられることも多く、見た目以外にも多くの特徴を備えています。

白ニキビ

白ニキビはその名の通り白っぽく見えることから、この名前が付けられています。

数あるニキビの中でも目立ちにくいものの、あくまでも初期段階に過ぎないので、この段階での対処次第ではかなり酷くなる可能性もあります。

見た目の特徴には小さな膨らみがあり、これは皮脂によって盛り上がっているのです。

潰す人もいるかもしれませんが決して潰さずに、適切なケアを行うようにしましょう。

赤ニキビなどとは違い炎症が発生しているわけではありませんが、油断はなりません。

対策はニキビの原因となる菌を増殖させないように、肌状態を清潔に維持しましょう。

ニキビの原因にもなる毛穴の中の角質を取り除くことも大切です。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症を起こしているニキビで、上記の白ニキビが悪化すると赤ニキビになることがあります。

顔にできるととても目立ってしまい、赤く腫れているような状態になるでしょう。

毛穴でアクネ菌が増殖し、それが炎症を起こすことによって生まれ、見た目の痛々しさだけでなく実際の痛みも感じることがあります。

とにかく刺激を与えないことが重要で、メイクの際にも十分注意してください。

刺激などが加わるとニキビ跡ができかねません。

対策は抗炎症効果のある化粧品を使うことがおすすめで、症状次第では専門の皮膚科に行き治療をしましょう。

ニキビ跡ができる可能性が高いため、刺激には注意を払いましょう。

黒ニキビ

黒ニキビは白ニキビと似てはいますが、毛穴が開いてしまい皮脂が酸化し、結果的に黒っぽく見えるわけです。

白ニキビと同様に炎症はありませんが、「黒ニキビ」というだけありやはり目立ってしまいます。

一見するとニキビではなく黒子にも見えますし、場合によっては白ニキビ以上に不潔に感じるでしょう。

痛みはないのですが、見た目が悪く厄介な存在です。

対策はアクネ菌が増えるのを抑制し、肌状態を綺麗に保っておきましょう。

そして皮脂が酸化しにくいように抗酸化作用のあるアイテムを使うのも良いでしょう。

黄ニキビ

膿ニキビともいわれるもので、毛穴の壁を潰してしまいます。

結果的に目立ちやすいニキビ跡ができ、凸凹が目立ってしまいます。

上記の赤ニキビよりも状態は酷く、ニキビの中にある黄色い膿が見えそうな状態です。

非常に痛々しい状況で、皮膚科に行くこともおすすめです。

対策は早い段階での皮膚科受診がおすすめで、自分勝手な対策はおすすめできません。

もしニキビ跡ができた場合は、最適なニキビ跡用品の使用がおすすめです。

不要な角質を除去し、肌のターンオーバーを促すことも黄ニキビがもたらすニキビ跡対策になります。

思春期ニキビ

思春期ニキビは名前の通り思春期に発生するもので、主な原因として挙げられるのが皮脂がたくさん分泌されることによる毛穴のつまりです。

Tゾーンやほっぺ部分などに現れ、長年悩み続ける人もいます。

対策は過剰な洗顔はマイナスで、ニキビを潰すこともNGです。

ニキビの原因菌を殺菌し、毛穴づまりの原因になる皮脂を除去することも大切です。

大人ニキビ

思春期ニキビとは違い、多種多様な原因によって発生します。

皮脂の過剰分泌も原因ですが、「肌が乾燥している」「メイク用品が合わない」「生活習慣に問題がある」「ストレスがある」といった原因も考えられます。

いわゆるUゾーンにニキビができやすく、成人して間もない頃から発生します。

大人ニキビの対策のためには、自分に合ったスキンケア用品を使って顔を清潔に保つようにしましょう。

またストレスの原因を絶ち、生活習慣の乱れをなくしてください。

まとめ

ニキビの種類は本当にいろいろとあり、色によって分けられることが多いです。

それぞれのニキビの種類は異なった特徴を持ち、その対策方法も千差万別です。

思春期ニキビや大人ニキビに分類することも可能で、悩みやすい年齢や発生しやすい場所などもそれぞれ違います。

ニキビ跡はクレーター状のものもあれば、シミタイプのものもあり、とにかくニキビ跡ができないように適切に予防をすることが重要です。

もしニキビ跡ができてしまった場合は、悪化させることなくケアを行い改善に導きましょう。

美容液の中にはニキビの予防やニキビ跡の予防、改善に役立つものもあります。

特に「ベルブラン」「ビーグレンCセラム」「アスタリフトエッセンスデスティニー」はおすすめの美容液です。

ベルブランの効果と口コミをチェックする